美白 有効成分

美白に関係する有効成分はこれ

美白のための有効成分と一口に言っても、その有効成分にはたくさんの種類があります。
どの美白有効成分が自分のお肌が求めているものなのか、それを知らなければ始まりませんよね。

 

今自分のお肌には何が足りなくて、何を必要としているのか、それぞれの美白有効成分の種類と特徴から探ってみてはいかがでしょうか?

 

〇シミが出来るのを予防する + シミを薄くする

 

・ビタミンC誘導体
体内で酵素反応によりビタミンCになる。
メラニンが作られるプロセスを止めるだけでなく、メラニン色素の還元作用がある美白に優れた成分。

 

ただ、刺激が強く肌を乾燥させるデメリットがあるので、保湿成分が配合しているものを選ぶといい。

 

・ハイドロキノン
チロシナーゼが活発になるのを止める。
メラニンを薄くする漂白+還元の二刀流。
お肌の漂白剤と呼ばれ、高い美白効果がある。

 

〇シミが出来るのを予防する

 

・アルブチン
チロシナーゼを直接作用してメラニンを作り出すのを止める。
肌に吸収されるとハイドロキノンに変身してメラニン色素を排除する。

 

・エラグ酸
天然フェノール系の抗酸化物質。
チロシナーゼの働きを抑えてる。
高い美白効果がある。

 

・ルシノール
ハイドロキノンと似た作りをしている。
チロシナーゼが生まれるのを止める。
お肌への浸透性が高く、安定している。

 

・カモミラET
カモミールから抽出。
シミを作るメラノサイトへ命令して、それを伝える物質エンドセリンを抑える働き。
メラニン色素を作るメラサイトが増えないようにする。

 

・トラネキサム酸
メラニン色素が生まれるのを抑える。
炎症を抑える。

 

・リノール酸S
チロシナーゼを分解して余分なメラニンを作り出さない。

 

・コウジ酸
お酒を作る人の手が美しく白いことから発見された。

 

・プラセンタエキス
チロシナーゼを抑制する。
新陳代謝、血行を活発にする。

 

美白成分にはシミを作り出す過程を止めること。
つまり予防と、出来てしまったシミを薄くするもの。
つまり漂白、還元の2種類があることが分かったことと思います。

 

自分の症状に合ったものを選ぶことが大事になります。
例えば・・・

 

シミを早く薄くしたい ⇒ ハイドロキノン、ビタミンC誘導体
乾燥肌、敏感肌で美白、保湿効果が欲しい ⇒ プラセンタ

 

というように使い分けをすると、より早く効果が見られることと思います。
これ以上シミを増やさない。
今出来ているシミを薄くしたい。
この2沢でもそれぞれの有効成分は違いますので、自分でも少しお勉強して、自分に合ったものをチョイスするといいですね。

関連ページ

目指せ美白美人!賢い基礎化粧品の選び方!
美白を意識するのならどのような基礎化粧品を選べばいいのでしょうか?タイプ別に見る美白になるための基礎化粧品とは!?
美白とキウイの意外な関係とは!?
美白にキウイがいいという理由は?フルーツの王様キウイがもたらす美白効果とは!?
美白をするなら正しいクレンジングから大事!
美白のための正しいクレンジングの仕方とは?美白作りはクレンジング次第!
美白にタバコは絶対的天敵!
美白には何故タバコがNGなのか?美白の天敵とまで呼ばれるタバコの実態とは!?
「実践!」今日からできる!美白にいいツボ!
ツボによる刺激で美白効果が期待できるらしい?知りたい美白のツボとは?
失敗しない40代からの美白化粧品!
40代から美白をするならどのような化粧品選びが大切なの?40代でも間に合う美白化粧品の選び方とは?
美白するなら洗顔にも気を付けよう
美白に気を遣うならどのような洗顔方法がいいのでしょうか?洗顔次第で美白から汚肌に!?
美白作りにゴマが大活躍!?
美白とゴマの意外な関係とは?ゴマを食べるだけで美白になれる訳とは?
敏感肌だけど美白したい!どんな化粧品を選べばいい?
美白したいけど敏感肌だからという悩みがある方必見!敏感肌でも美白したい人のために!