美白 タバコ

美白をするならタバコは絶対にだめ!

タバコは百害あって一利なしと言われていますので、美白にも悪い影響しか与えないことはなんとなく分かっているかと思います。
昔に比べてタバコを吸う人は、肩身の狭い思いをしているようですね。

 

世の中が禁煙ムードな中、遠慮しながらタバコを吸っている姿を喫煙所でよく見かけます。
一言で言ってしまうと、タバコを吸っていながらも、美白を気にしている方は、とっても無駄なことをしていると言わざるを得ません。

 

タバコが何故にこれほどまでに美白には大天敵と言われるのか、ここから説明していきたいと思います。

 

まず、タバコが美白に及ぼす影響の一つとして、血行の悪さがあります。
タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があるのです。

 

ですから、タバコを吸う度に血の流れが悪くなっているのです。
血液は身体の中の隅から隅まで栄養を届ける役割があるので、血行が悪いと十分な栄養を届けることが出来なくなる訳ですね。

 

そうすることから肌の生まれ変わりが上手くいかなくて、シミやくすみを引き起こしてしまいます。

 

もう一点はタバコを吸うことでビタミンCを消失してしまうことです。
タバコを吸っていない場合と比べて、タバコを吸う人は体内でビタミンCを吸収する力が低下して、体の中のビタミンCがどんどんどんどん失われていくのです。

 

タバコを1本吸う毎にレモン1個に含まれるビタミンCの量が失われます。
ざっと計算すると、タバコを4本吸うことで、成人が一日に必要なビタミンCの量が全て失われることになります。

 

ですから、いくら野菜や果物、サプリメントでビタミンCを摂ることを意識していても、タバコを吸ってしまえばすべてがゼロになってしまうのです。

 

また、タバコを吸うと活性酸素を大量に放出してしまいます。
活性酸素は老化の原因の元となりますので、老化を早めてしまう訳です。

 

タバコ顔と呼ばれている人は、同じ年齢の人よりシワ、シミが多く、くすんだ顔色をしています。
ですから、冒頭で述べたように、タバコを吸いながら美しくなろうなんてとってもナンセンスなんです。

 

20代まではギリギリセーフとして、30代に入るとタバコ顔がひどくなり、20代までに蓄積されてきていたタバコの影響が如実に出てきます。
そこで慌てて高価な化粧品を購入しても、時すでに遅しです。

 

ただ、タバコを止めるのは容易ではありませんよね?
簡単に止められたら苦労はしないですよね?
それでも、もし、将来的に健康体でいたい、美白でいたい、という想いがあるのでしたら、徐々に減煙していく方向で考えてみて下さい。

関連ページ

目指せ美白美人!賢い基礎化粧品の選び方!
美白を意識するのならどのような基礎化粧品を選べばいいのでしょうか?タイプ別に見る美白になるための基礎化粧品とは!?
美白とキウイの意外な関係とは!?
美白にキウイがいいという理由は?フルーツの王様キウイがもたらす美白効果とは!?
美白をするなら正しいクレンジングから大事!
美白のための正しいクレンジングの仕方とは?美白作りはクレンジング次第!
「実践!」今日からできる!美白にいいツボ!
ツボによる刺激で美白効果が期待できるらしい?知りたい美白のツボとは?
失敗しない40代からの美白化粧品!
40代から美白をするならどのような化粧品選びが大切なの?40代でも間に合う美白化粧品の選び方とは?
美白に必要な有効成分とは!?
美白に関係する有効成分はどんなものがあるのでしょうか?有効成分で知ると自然に美白を意識する?
美白するなら洗顔にも気を付けよう
美白に気を遣うならどのような洗顔方法がいいのでしょうか?洗顔次第で美白から汚肌に!?
美白作りにゴマが大活躍!?
美白とゴマの意外な関係とは?ゴマを食べるだけで美白になれる訳とは?
敏感肌だけど美白したい!どんな化粧品を選べばいい?
美白したいけど敏感肌だからという悩みがある方必見!敏感肌でも美白したい人のために!