40代 美白 化粧品

40代から美白するなら化粧品は気を付けて選ぼう

エイジレスという言葉を知っていますか?
年を取るのが怖い現象のことを言うのだそうです。

 

40代はまさに今まで通りにいかないことが多く、イヤでも年を感じてしまいます。
ですから、美白を意識する化粧品選びも40代ならではの選び方をしないと失敗してしまいます。

 

どうでしょう?
40代に入ってからハリ、艶が失われた・・・。
化粧ノリが悪くなってきた・・・。
などとお肌の壁にぶち当たっていませんか?

 

では、参考までに40代に入って案ずる症状を挙げてみましょう。
・シミが目立つ
・シワが増えた
・ハリがなくなった
・肌が乾燥する
・顔がたるんできた

 

全部当てはまる人もいらっしゃるかもしれません。
この5つの症状が見られたら、まず何を基準に化粧品を選べばいいのか?
それは、とにかく保湿成分があるものを選ぶことです!

 

40代に入ると保湿成分に欠かせないセラミドやエストロゲンが減少していきます。
そこで、化粧品で美白を目指すケアをしていかなくてはなりません。

 

では、肌トラブル別に見た美白に必要な成分をご紹介します。

 

〇乾燥
高保湿 ⇒ セラミド

 

〇シワ、たるみ
ハリ、美白 ⇒ ビタミンC誘導体
コラーゲン ⇒ レチノール
ハリ ⇒ ナイアシン

 

〇シミ
シミ ⇒ プラセンタエキス
シミ予防・改善 ⇒ ビタミンC誘導体

 

これらの成分を意識して美白に近付く化粧品選びをしてみましょう。
しかし、美白化粧品を選ぶ中で気を付けたい成分があることもお話ししておきましょう。
特に敏感肌の方は注意が必要です。

 

・〇〇アルコール
・〇〇エタノール
・香料
・ビタミンC誘導体
・着色料

 

これらが多く配合されていたり、複数配合されていると、肌に刺激を与えてトラブルを招く可能性があります。
ここであれ?と思ったことありませんか?

 

ビタミンC誘導体は40代の美白のお肌にはいいと言っていたのに、気を付ける成分として入っているのは何故か?
それは、ビタミンC誘導体は皮脂の抑制作用があるので、強すぎると乾燥の原因になってしまうのです。

 

保湿はエイジングケアには欠かせないものだと申してきました。
それは続けてこそ叶えられるもの。

 

それに値段が高ければいいというものでもありません。
続けて使える値段のものを選ばなければ意味がないのです。

 

40代に入ってからの化粧品選びのポイント
1.肌トラブル別に有効な成分配合のもの
2.刺激の強い成分には注意すること
3.使い続けられる値段のものを選ぶこと

 

この3点を意識して化粧品選びをしてみましょう。
40代でもお肌を大事に扱えば、まだまだいけますよ。

関連ページ

目指せ美白美人!賢い基礎化粧品の選び方!
美白を意識するのならどのような基礎化粧品を選べばいいのでしょうか?タイプ別に見る美白になるための基礎化粧品とは!?
美白とキウイの意外な関係とは!?
美白にキウイがいいという理由は?フルーツの王様キウイがもたらす美白効果とは!?
美白をするなら正しいクレンジングから大事!
美白のための正しいクレンジングの仕方とは?美白作りはクレンジング次第!
美白にタバコは絶対的天敵!
美白には何故タバコがNGなのか?美白の天敵とまで呼ばれるタバコの実態とは!?
「実践!」今日からできる!美白にいいツボ!
ツボによる刺激で美白効果が期待できるらしい?知りたい美白のツボとは?
美白に必要な有効成分とは!?
美白に関係する有効成分はどんなものがあるのでしょうか?有効成分で知ると自然に美白を意識する?
美白するなら洗顔にも気を付けよう
美白に気を遣うならどのような洗顔方法がいいのでしょうか?洗顔次第で美白から汚肌に!?
美白作りにゴマが大活躍!?
美白とゴマの意外な関係とは?ゴマを食べるだけで美白になれる訳とは?
敏感肌だけど美白したい!どんな化粧品を選べばいい?
美白したいけど敏感肌だからという悩みがある方必見!敏感肌でも美白したい人のために!